レディ

納骨堂を選ぶメリット|お墓について学ぼう

人気のお墓スタイル

墓地

永代は永久ではない

自分が入るお墓の継承問題を一切気にしないで、安心して眠りにつく事を目的とした、永代供養墓というものが徐々に人気になってきています。特に京都などは、古都の風情が漂う人気の場所である事から、お墓を購入する地として人気になっていて、永代供養墓も多く整備されています。安価で購入できる点から評判が高くなっています。京都に限らず永代供養墓は全国的にも普及が進んでおり、現在ではお墓選びで重要な選択肢となりつつあります。永代供養墓という言葉はよく耳にする事はあるが、詳しい仕組みを知らない方は非常に多いです。永代供養墓は永代に渡りお墓の管理や供養の一切を、お寺の住職や霊園の管理者が行ってくれる仕組みになっています。永代という言葉の意味は一般的には永久ともとれますが、お墓において永代とは永久を意味するものではありません。お墓では、お寺や霊園が決めた一定期間を永代としており、その期間は大体で30年前後が多くなっています。この期間が経過後は、合祀墓に移されるケースが一般的です。合祀墓とは、他の方の遺骨と一緒に大きな納骨スペースに、埋葬されるお墓の事をさします。京都では人気観光地に近い墓地ほど人気があり、特に有名な寺院の墓地は権利を取ることが困難なほど人気です。しかし、有名な寺院墓地などでは伝統を重んじている為、永代供養墓などの近代的なお墓スタイルを導入しているケースは少ない傾向にあります。京都などで永代供養墓を希望する場合は、インターネットなどで墓地検索すると簡単に見つけられて良いでしょう。