学生

納骨堂を選ぶメリット|お墓について学ぼう

夏のお盆時期の移動は大変

ウーマン

都心部で何時でもお参り

日本では仏教徒が大多数を占めているので、夏のお盆休みになると都心部から地方へと移動してお墓参りをする人が多くいます。毎年お盆休みのシーズンに合わせて、多くの人が一斉に移動するので公共交通機関が混雑する原因ともなっているのです。これらの移動には交通費の他にも出費を強いるだけではなく、時間と手間がかかり負担が大きくなっています。そこで近年になって増えているのが、東京都心部に住んでいる人が新しく納骨堂と契約をし直すということです。多くの人が周知している通りに、日本の首都である東京は土地代が高いというデメリットがあります。これは企業や会社が多くあり、人口が密集しやすい東京都心部では当然のことといえるでしょう。そして都心部では墓地を、自分たちの住む近所や目につくところにあるのを嫌がる傾向にあることも注目すべき点の一つになります。そんな諸問題を解決するべく出来たのが、街中に溶け込むような佇まいを見せる納骨堂の存在なのです。東京のビルディングが立ち並ぶオフィス街の中に、佇む納骨堂はまるで高級マンションかシティホテルかと勘違いしてしまいます。都内の一等地にありながらも、静謐さを湛えた外観と内装は都会の喧騒を忘れさせてくれるでしょう。屋外ではなく屋内にある納骨堂ならば、雨天だろうが雪が降っていようが関係なく快適にお参りできます。管理と経営は寺院や公営の場合があるので、納骨方法はその納骨堂によって違ってくるのです。最新式のタイプは、専用のカードを一枚持っていれば何時でもお参りができるので便利です。

低コストの供養

男性

京都では最近永代供養を予約する高齢者が増えていますが、その理由は子供や孫の負担にならないようにというものです。江戸末期ごろから庶民の間でお墓を持つようになった歴史があるので、永代供養を選択することはおかしなことではありません。経済的に負担が大きいと感じたら、寺院に相談してみるといいでしょう。

人気のお墓スタイル

墓地

京都や全国各地にある永代供養墓の購入費用は、一般墓と比較して安価に設定されているのが特徴といえます。永代とはおよそ30年程度の期間を指しており、それが過ぎると合祀墓へと移されます。

末長く見守りましょう

お墓

神奈川県の霊園は交通の便も良く、景観の優れた場所に多数あります。また、宗派にこだわらず永年供養してくれる場所もあります。生前に墓地を建てたり、両親のために子供が建てる場合もあり、墓石には建立者と墓に眠る人の名前が記載され、先祖代々見守り続けていきたいものです。